ソフトバンク

『ソフトバンク』LINEMOの審査で落ちて契約できない人がいるの?条件や未成年の契約の詳細について

auからはpovo、ドコモからはahamoなどの新プランが登場していますが、LINEMOはSoftbankが提供している格安の新プランサービスです。

同じような時期に似たサービスが展開されているため、分かりづらい部分があるかもしれませんが、もともとSoftbankのユーザーだった場合は特にLINEMOの中身が気になったりもしますよね。

月々の料金が少しでも安くなるのであれば乗り換えようと検討している方の中では、

メモ

  • 契約審査って厳しいのかな…
  • 審査にかかる時間ってどれくらいなの?
  • 審査に落ちちゃった人っているのかな…
  • 未成年って契約できるの?
  • 申込みから審査までの流れが知りたい

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Softbankが提供している新プランサービス『LINEMO』の審査や契約などに焦点を当てて解説をしてこうと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

LINEMOの公式サイトはこちら

LINEMOの料金プランを再確認!速度制限やデータなどを再確認

基本料金 990円 or 2,728円/月
通話準定額(5分以内かけ放題) 550円 /月
通話定額(かけ放題) 1,650円 /月
データ容量 3GB or 20GB

※容量超過後の速度制限は最大1Mbps

特典 LINEギガフリー

※LINEのトークや音声・ビデオ通話にかかるデータ消費が全て無料というサービス

※一部の機能はギガフリー対象外

※速度制限を受けている場合であっても、LINEの利用では通信速度が落ちません。

まずはLINEMOの契約や審査について掘り下げる前に、基本的な料金プランや基本料金に含まれているプラン内容についてご紹介します。

LINEMOの料金プランは『スマホプラン』の一つのみで非常にシンプル。

月額990円 3GB or 2,728円 20GBまでのデータ容量が付与されるので、ヘビーユーザーでも概ね基本料金内でまかなえるはずです。

国内通話に関しては通話従量課金制となっており、22円/30秒で通話をすることができます。

また通話を良くする人であれば、月額550円(税込)で1回あたり5分以内の国内通話かけ放題にできる『通話準定額』のオプションが用意されている他、月額1,650円(税込)で国内通話が全てかけ放題になる『通話定額』のオプションも用意されています。

LINEMOの審査の基準や通るまでの時間や期間について

LINEMOはインターネットで申込みから利用開始までが完結するオンラインサービスのため、利用開始になるまでにそれほど時間はほとんどかかりません。

そのため、審査さえ通ってしまえば概ね1日~3日以内には変更手続きも完了します。

一番重要なことは審査に通るかどうかという部分になりますが、

ポイント

  • 滞納履歴
  • 強制解約履歴

といったいわゆるブラックリストでない限り、手続きもスムーズに進むことがほとんどなので安心してください。

LINEMOの未成年は審査に通るの?

次に未成年が契約して審査に通ることができるのか?という部分になりますが、基本的に18歳と19歳に関しては契約することができます。

ただし契約には親権者の同意が必要となっていて、これがクリアできる場合は概ね審査にも通るでしょう。

ただし18歳未満の未成年に関しては、契約そのものが出来ませんので注意してください。

LINEMOの審査に落ちた人の共通点や口コミについて

通常はLINEMOを申し込んだとしても審査はほとんど通りますが、場合によっては審査に落ちてしまうこともしばしば。

しかし審査に通らないケースというのは概ね限定されていますので、ここではどういった時に審査に落ちてしまうのか?ご紹介していきます。

LINEMOの審査落ちの原因4つ

LINEMOの審査で落ちてしまう原因は概ね以下の4通り。

審査で落ちてしまう原因

  • 申し込み住所と本人確認住所が違う
  • 別名義のクレジットカードを利用した
  • 各書類関係の有効期限切れ
  • 本人確認書類の画像が鮮明でない

落ちてしまう要因で多いのは、提出書類関連がほとんどです。

なかでも申込時と本人確認時で住所が違う場合や本人名義でないクレカの使用、提出書類の画像が鮮明でないなどがあります。

また乗り換え時のトラブルで多いのが、MNP予約番号の期限切れです。

基本的にMNP予約番号は取得してから5日以内となっているため、有効期限内に手続きをする必要があるので注意してください。

なお支払いにおけるクレジットカードについては、たとえ家族間であっても本人以外のクレカを入力してしまうと審査に落ちてしまうので、こちらも合わせて注意するようにしましょう。

LINEMOの審査落ち人の口コミ

ここでは実際にLINEMOに申し込みをしたけれど、審査に落ちてしまったというかたの口コミをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

LINEMOの料金プランをahamo・LINEMOと比較

LINEMO ahamo povo
基本料金(税込) 2,728円 2,970円 2,700円
(20GBの場合)
国内通話(税込) 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒
データ容量 20GB 20GB 20GB
5分以内かけ放題(税込) 550円 無料 550円
かけ放題(税込) 1,650円 1,100円 1,650円
テザリング 無料 無量 無量
特徴 LINEギガフリー 5分通話無料 トッピングが豊富
速度制限 最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps

ざっくりと比較しても、3社概ね同じようなプラン設定ではありますが、LINEMOと似ているサービスで、ドコモのahamoやauのpovoなどがありますよね。

料金を見た場合、ドコモのahamoが最も高いため、LINEMOもしくはpovoを選択するのが良いでしょう。

特にLINEMOの場合はLINEのデータ使用量が無料になるので、LINEのヘビーユーザーなどはLINEMOが良いかもしれませんね!

LINEMOが審査が落ちた人はahamoやpovoを検討

仮にLINEMOの審査に落ちてしまった場合も、ahamoやpovoも選択肢の中に入れることはできるかと思います。

特にpovoはLINEMOと契約内容が似ている部分があるので、LINEMOで審査落ちした場合の代替えプランとしてはおすすめです。

またahamoに関しては通話サービスが強いので、データ通信よりも通話が多いというタイプの方であれば、LINEMOの審査が落ちてしまった場合にはahamoをおすすめします。

LINEMOへの乗り換えの流れを簡単にご紹介

ここからは実際にLINEMOで申し込みをしてく流れについて解説します。

Softbankからの乗り換えを例に解説していきますので、是非参考にしてみてください。

【手順1】現在利用しているスマホのSIMロック解除

まずは現在利用しているスマホ端末のSIMロックを解除する必要がありますので、手続きの際には最初に行うようにしましょう。

【手順2】LINEMOの申込時『Softbank』を選択する

LINEMOをネット申し込みすると、「現在利用中の携帯電話会社を教えて下さい」というページが出てきますので、ソフトバンクを選択するようにしましょう。

【手順3】申し込み完了のお知らせメールを確認

正常に申し込みが完了すると「お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きますので、中身を確認するようにしてください。

審査に通った場合は『商品発送のお知らせ』となっていて、審査に落ちた場合は『お申し込み審査結果についてのお知らせ』といったメールが届きます。

なおメールが3時間以上待っていても届かないという場合は、直接LINEMO申し込み事務局に連絡をして確認するようにしてください。

LINEMO申込事務局:0800-100-1850

LINEMOの審査のまとめ

ソフトバンクから提供されている格安の新プランLINEMOは、LINEのデータ通信量が無料になるなどかなりメリットもあるサービスですよね。

通常の申込手順を踏めば、基本的には審査には通るかと思います。しかし今回ご紹介したような落ちてしまう原因をしてしまうと、審査に通らないというケースも出てきてしまうため、注意するようにしてください。

-ソフトバンク

© 2021 スマホログ